マムのおうちごはん

マムが作る愛情いっぱいの料理レシピブログ

★保存版★長芋の下処理の仕方と美味しい長芋の見分け方!もっとネバネバ野菜を食べましょう♪★

f:id:cookingmom3:20200728090723j:plain

 

 目次 

 

美味しい長芋の見分け方

ひげ根が多いものほど粘りが強い

旬は10~3月ですが、「ひね物(倉庫などで貯蔵されたもの)」は通年で出回っています。

 

毎年10月ごろに並ぶ「新物」はみずみずしい味わい。

 

ひね物は、粘りが強いのでとろろに向いています。

 

店頭では丸ごとか、カットされた状態で売られています。

 

カットされたものは、切り口が白くみずみずしいものが新鮮な証。無漂白のものだとなお良いでしょう。

 

 

おいしい山芋の選び方 

皮が薄くてハリがあり、傷や斑点がなくきれいなもの。

 

手に持ったときにより重量感があるものを選ぶ。

 

ひげ根やひげ根の跡が多いものは、粘りが強いとされている。

 

表面の凹凸が少ない。

 

  

長芋の下処理 洗う→むく→アク抜き 

長芋を洗う 

まずは、長芋をよく洗います。

 

 

長芋の皮をむく 

山芋は皮の下にあくがあるので、厚めに皮をむきます。

 

手がぬるぬるするので、キッチンペーパーの上に長芋を置いてむくと安定します。

 

皮むきの方法としては包丁、もしくはピーラーでむきます。

 

ただし、皮を厚めにむくため包丁のほうが良いでしょう。

 

ピーラーでも良いのですが、薄くむけてしまうためひげ根のでこぼこなどしっかり取り除くようにしましょう。

 

 

酢水でアク抜きとかゆみ予防を 

変色を防ぐため、すぐに調理するか、酢水に10分ほど浸して、あく抜きをしてください。

 

※酢水の分量

水100㏄:お酢3㏄

 

山芋が手につくとかゆくなる人は、調理前、酢水を手につけるとかゆみ防止になります。

 

  

冷凍できます

丸ごと冷凍 

皮をむいてラップで包み、冷凍用保存袋に入れます。皮付きのままでも冷凍OK。

 

 

カットして冷凍 

皮をむいてせん切りにし、冷凍用保存袋に入れます。

 

  

すりおろして冷凍 

皮をむいてすりおろし、冷凍保存袋に入れたら、平らにならして密封します。

 

 

使うときは凍ったまま調理OK

冷凍した山芋は、約1カ月保存できます。

 

使うときは自然解凍、もしくは凍ったままでも調理できます。

 

丸ごと冷凍したものは、凍ったまますりおろせるので便利。

 

冷凍するとぬめりによるかゆみが気にならなくなるだけでなく、なめらかな食感にと仕上がるというメリットもあります。 

 

以上、美味しい長芋の見分け方、長芋の下処理、冷凍できることをお伝えしました。

皆様の食卓が長芋で豊かになりますように♪

 

 

 

 

マムのおうちごはん - にほんブログ村