マムのおうちごはん

マムが作る愛情いっぱいの料理レシピブログ

9月25日 血管を鍛えれば超健康になる本紹介 「あなたが寝てる間」に血管は修復される

 

今日もブログをご覧いただき、ありがとうございます。

 

医学博士である池谷医院院長の池谷敏郎先生の著書「図解 血管を鍛えると超健康になる」からご紹介。

 

本日は昨日に続き第六章 血管は全身の健康を映す鏡 「血液をきれいにする」おススメ生活習慣をお届けします。

 

睡眠イメージ


   

 

血管は全身の健康を映す鏡 「血液をきれいにする」おススメ生活習慣

「あなたが寝てる間」に血管は修復される

 

私たちは睡眠をとることで脳や体を休息させます。入眠直後から3時間ほど分泌される「成長ホルモン」は体内の新陳代謝を促して、体が受けたダメージを修復します。実は、血管も睡眠中に修復されているのです。 

 

また、睡眠中は「副交感神経」が優位になり、心身ともにリラックスした状態です。心拍数も血圧も下がるため、血管への負担が減ります。逆に、短すぎる睡眠時間は「交感神経」の緊張を招くので血管にはよくありません。寝不足が続くと、ほぼ例外無く血圧が上昇します。

 

また、睡眠不足になると満腹感を得にくくなったり、食欲を出させるホルモンが出たりするので、ふだんより食べてしまうのです。体の疲れもとれず、翌日の行動に支障がでます。体を動かすモチベーションが下がるので、運動不足から肥満につながることも指摘されています。

 

必要な睡眠時間は人によって異なりますが、短すぎても長すぎてもよくありません。睡眠時間が5時間未満、8時間以上というケースで病気が起こりやすいといわれています。仕事や家事に追われて睡眠時間がとれないのであれば、ぐっすり眠る「熟睡」を目指しましょう。ここでは、いい睡眠をつくる材料となる食材をご紹介します。

 

トリプトファン

 

イライラ、嫉妬…マイナス感情は「血管力」低下のもと

ストレスは、血管を収縮させて血圧を上昇させ、「血管力」を低下させてしまいます。ストレスと上手に付き合い、血管に負担をかけないようにしましょう。

 

とくに、怒りやイライラなどは、交感神経を盛大に刺激して血圧を上昇させます。こうしたストレスをためないためには「相手を変えようとしない」ことが大切です。

 

たとえば、池谷先生は一日に100人くらいの患者さんを診察されていますが、イライラしたり、怒ることはないそうです。患者さんに「生活習慣」を変えていただくようお願いすることはあっても「考え方」や「価値観」を変えようとは思っておられないそうです。

 

患者さん自身が病識を持つように、生活習慣の乱れや生活習慣病が、実際に自身の血管力にどれだけ悪影響を及ぼしているかを感覚的にわかりやすいデータを見せながらお話をされています。その結果、どうしたいのかを自分で選択できるようにされています。

 

もし「できない」を言われたら、「どうしてできないの」と思うのではなく「どう説明すればわかってもらえるか」と考えるようしておられます。相手を変えるより自分が変わる。それがストレス対策の第一歩ではないでしょうか。 

 

イライラ・嫉妬



「怒り」=「タバコ3本分のストレス」と心得よ

もちろん、池谷先生もときには「ムカッ」とすることもあるようです。患者さんの中には怒りをしずめる方法に悩んでいる方もおられるそうです。そんなときにおすすめなのが腹式呼吸です。

 

腹式呼吸は、ストレスで緊張した筋肉をほぐし、気持ちもほぐしてくれてすっきりします。以前に紹介した「リラックス腹式呼吸はどこでもできるので、イライラしたときにはやってみてください。

 

⇩⇩⇩⇩⇩それがこちらの記事

 

 

しかし、何をしても怒りがおさまらないときは、メモをとっておきましょう。なぜ怒ったのか、相手が何をしたのか。そのとき自分はどう感じたのか書いておきます。

 

書くことで冷製になったり、客観的になったりするので、気持ちを落ち着けるにはいいのです。読み返したときに、「これくらいのことだったのか、まあいいや」と思えればしめたもの。「こうならないためにはこうしよう」と対策をたてることもできます。

 

また、怒っている自分に何が起こっているかを考えるのもいいでしょう。怒りで興奮しているときの体内は、タバコを3本同時に吸っているときと同じようなストレスがかかっているというつらい状況なのです。血管のためにも”怒り”を手放してあげてください。

 

怒りは体に悪い

 

 *以上が本日ご紹介する内容になります。

 

  *第1章から読みたい方はこちらをご覧ください

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

医学博士池谷敏郎先生の著書はこちら 

~さいごに~

今日は、医学博士である池谷医院院長の池谷敏郎先生の著書「図解 血管を鍛えると超健康になる」の第六章 血管は全身の健康を映す鏡「血液をきれいにする」おススメ生活習慣をお届けしました。

 

私は血管の若返りにとても興味があるので、池谷先生の著書を用いてアウトプットすることにより、自分の為になると思いブログで紹介させていただきました。

 

今日は、「いい睡眠」が「いい血管」を作る事。ストレスは大敵!怒りはタバコ3本のストレスと同じということを知りました。ストレスってやはり体に悪いですね。気分転換をしながら、上手くストレスと付き合いたいですね。😊

 

次回は、第七章教えて池谷先生! 健康な体をつくる「新常識」「非常識」をお届けする予定です。第六章は長かった~。次回もお楽しみに。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。😄

THANK YOU💖

 

 

 

マムのおうちごはん - にほんブログ村