マムのおうちごはん

マムが作る愛情いっぱいの料理レシピブログ

10月6日 血管を鍛えれば超健康になる本紹介 「好きなものをちょっとだけ楽しみましょう♪」

 

今日もブログをご覧いただき、ありがとうございます。

 

医学博士である池谷医院院長の池谷敏郎先生の著書「図解 血管を鍛えると超健康になる」からご紹介。

 

今回も第七章 教えて池谷先生!健康な体をつくる「新常識」「非常識」をお届けします。

 

おやつ

   

 

Qおやつをどうしてもやめられません・・・

A 好きなものをちょっとだけ楽しみましょう。

 

コーヒーと甘いお菓子ではほっと一息つく、この幸せはなかなかやめられません。池谷先生もそうらしいです。午後の診察が始まる前の午後3時ごろに、ブラックコーヒーとチョコレートやクッキーなどを少しだけ楽しんでおられうそうです。

 

このタイミングなのは、午後2~4時はBMAL 1の作用が1日の中でももっとも弱い時間帯だからです。(以前にご紹介した記事です⇩⇩⇩⇩⇩)

 

 

朝にケーキやアイスクリームを食べても太らない、と主張する人もいますが、朝はBMAL 1の作用がまだ弱いので、むしろ太りやすい時間帯と考えられます。

 

ただし、どんなタイミングでも食べすぎないように。残りはすぐしまう、お菓子を買いだめしないなど、見えないようにするとがまんしやすいようです。

 

池谷先生も実は無類の甘いもの好きだそうです。昼食で炭水化物をあまりとらないのは、コーヒーブレイクのための「甘いもの枠」を確保するためだったのです。

 

おやつがいらない方は、昼食におにぎりやパンをこれまでの半分程度食べたとしても「なんちゃって糖質制限」になるでしょう。どうしても甘いものを多く食べたいときには、夕食の炭水化物を制限するなど、トータルで考える「なんちゃって糖質制限」を行うといいでしょう。

 

 

 

おやつをやめられない

 

 

 *以上が今回ご紹介する内容になります。

 

  *第1章から読みたい方はこちらをご覧ください

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

医学博士池谷敏郎先生の著書はこちら 

~さいごに~

今回はやめられない「おやつ」の話でした。私もついついコーヒーと一緒にチョコレートやクッキーなどを食べてしまいがちです。これからはブラックコーヒーと食べること、食べすぎない、1日の糖質の量をトータルで考えるようにしようと思います。😄

 

次回も今回に引き続き、第七章教えて池谷先生! 健康な体をつくる「新常識」「非常識」夕食はどんなものを食べるといい?をお届けする予定です。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。😄

THANK YOU💖

 

 

 

マムのおうちごはん - にほんブログ村